診療のご案内SERVICE

作業療法

入院から退院、そして地域の中でその人らしく暮らせるよう、
ひとり一人に合ったプログラムを提供しています。

作業療法(OT)は、ご利用者が参加することではじめて成り立つ、より主体的な医療サービスです。そのため、参加の「モチベーション」を支えることが作業療法の重要な役割になります。例えば「心地よかった」「気持が落ち着いた」「気分転換になった」「楽しかった」など、ポジティブな体験が持てるようなプログラム場面のサポート。「体力をぼちぼち戻したい」「生活のリズムが崩れて困る」「人づきあいに慣れたい」など、今後の暮らしに必要なこと・困っていることを解決する手段になるよう、面接で振り返ったり目的を再確認したりするサポート。
ご利用者の「意思」があっての作業療法だからこそ、その意思や思いにじっくりと思いを馳せ、耳を傾けたい。そう考えています。

 

困っていること

  • 人付き合いが苦手
  • 自信がない
  • 物事に集中できない
  • 仕事などなかなか続けられない
  • 日中寝て過ごすことが多い
  • 生活にリズム、張りがない
  • 疲れやすい
  • 不安、焦り、ストレスを感じる
  • やる気が起きない、何をしたらいいかわからない

arrow

目指すこと

  • 人との関わりを円滑にする
  • 自分に対する自信をつける
  • 落ち着いて物事に取り組める
  • 規則正しい生活を送る
  • 体力を維持する
  • 趣味を見つける
  • 気分転換をする

対象者

作業療法の対象者は、駒木野病院に入院中・通院中の方で、主治医に作業療法実施を認められた方です。

※病棟外プログラムの参加対象者は入院中および通院中の方です。ただし、プログラムによっては入院中の方のみとなるものもあります。
※病棟内活動の参加対象は該当病棟入院中の方にかぎります。
※退院後も必要に応じて作業療法が利用できます。
※各病棟担当作業療法士が病棟内でも音楽活動やレクリエーションなどを行っております。

作業療法プログラム

プログラムを利用することで、生活リズムの調整・人との関わり方の見直し・生活範囲を広げることなどを共に目指しサポートしていきます。

自由OT

手芸(編み物・縫い物・ビーズ細工・染色など)、プラモデル作成、ジグゾーパズル、読書、TVゲームなど、幅広くご用意しています。

個別OT

活動内容は自由OTと同様ですが、参加対象者を限定して行なっています。

スポーツ

前半はストレッチ、ウォーキングや卓球、バドミントンなどの個別で行なう種目、後半はバレーボールなどの集団競技をご用意しています。

園芸

野菜をメインに作ります。収穫した野菜の調理・試食も行います。

コーラス

唱歌や歌謡曲、ポップスなど幅広いジャンルをみんなで楽しく歌っています。

コミュニケーション+

認知療法をヒントにコミュニケーションに役立つ工夫を皆で考えます。

 

※これらの他にも多彩な活動をご用意しています。

週間スケジュール(病棟外プログラム)


※1 心理教育(あゆみ)は入院中の方対象のプログラムです。それ以外のプログラムは入院中・通院中どちらの方も参加可能です。

  • 駒木野病院は現在10病棟あり、各病棟でそれぞれの特徴に応じた上記プログラム以外の病棟内活動(グループ活動・レクリエーション活動・心理教育・回想法・身体機能訓練)も実施しています。
  • 病棟外プログラム・病棟内活動は必要に応じてプログラム内容やスケジュールがかわることもあります。

作業療法科スタッフ構成

  • 作業療法士10名、アシスタント3名の13名で構成され、一人一人の利用者様ごとに担当作業療法士がついています。
  • 理学療法士が非常勤にて勤務し身体機能訓練に従事しています。

よく一緒に読まれている記事

心理面接

作業療法士の求人

専門療法のご案内