医療関係者の皆様へ

専門職の方へ

駒木野病院では、お一人おひとりの回復に必要な専門療法を実施しております。さまざまな専門部署と連携して、治療プログラムとサービスを活用し回復を目指しております。

心理科

心理面接

医師の診察とは別に、臨床心理士がお話を伺います。日常生活から離れ、自分のことをゆっくり考えてみることで、不安が軽くなったり、今よりも自分らしく生きられるようになることを目指しています。頻度、時間、進め方については患者様・主治医と相談して進めていきます。

心理検査

患者様の物事の捉えかた、現在の心の状態などをなどをより詳しく把握するため、性格検査、知能発達検査認知機能検査などを行っています。さまざまな種類の検査がありますので、内容ややり方についてはその都度患者様・主治医と相談して進めていきます。

グループワーク

精神科外来、アルコールプログラム、デイケアプログラムの中でグループワークを行っています。また、精神科・アルコール科それぞれでご家族向けの会も行っています。

※心理面接・心理検査は主に当院に入院中・通院中の方を対象としています。

デイケア科

駒木野病院のデイケアは看護師5名、作業療法士4名、精神保健福祉士3名臨床心理士1名で運営されています。1日の参加者は70名前後、手工芸・運動プログラムはもちろんの事、各種心理教育プログラム(SST・認知行動療法・WRAP・疾患教育のプログラム)も実施しております。デイケア利用者の疾患は、統合失調症が83%、他にうつ病・双極性障害・発達障害などの方が利用されています。

作業療法科

入院から退院、そして地域の中でその人らしく暮らせるよう、
ひとり一人に合ったプログラムを提供しています。

作業療法(OT)は、ご利用者が参加することではじめて成り立つ、より主体的な医療サービスです。そのため、参加の「モチベーション」を支えることが作業療法の重要な役割になります。例えば「心地よかった」「気持が落ち着いた」「気分転換になった」「楽しかった」など、ポジティブな体験が持てるようなプログラム場面のサポート。「体力をぼちぼち戻したい」「生活のリズムが崩れて困る」「人づきあいに慣れたい」など、今後の暮らしに必要なこと・困っていることを解決する手段になるよう、面接で振り返ったり目的を再確認したりするサポート。
ご利用者の「意思」があっての作業療法だからこそ、その意思や思いにじっくりと思いを馳せ、耳を傾けたい。そう考えています。

薬剤科

薬剤師の取り組み

単剤化率アップをめざす

統合失調症の患者様に対しては、多剤大量療法にならないよう、単剤化への推進を行っています。3ヶ月ごとにCP換算、単剤化率を調査し、医局会へ報告しています。全国の調査とも比較し、より安心した薬物療法となるよう心掛けています。

全病棟・担当薬剤師制

当院は、各病棟担当薬剤師制にしています。通常は、患者様ごとに薬剤師が担当することが多いですが、あえて病棟別にしています。そうすることで、病棟カンファレンスや病棟行事などに医療チームの一員として参加し易いからです。また病棟の配置薬の管理を行うなど、薬全般に関わっています。特定入院料病棟(スーパー救急病棟、急性期治療病棟、療養病棟)であっても、持参薬のチェックや服薬指導などの薬剤管理指導を行っています。

薬剤科カンファレンス

毎週火曜日に、薬剤師でカンファレンスを行っています。新薬の情報、学会報告、困った患者様への対応、フィジカルアセスメント(聴診器の使い方など)、判例紹介など、薬学に関することは何でも行っています。

研究業績

2010年~2011年

  • 日本社会薬学会第29年会 2010年9月4日(土)5日(日)
    添付文書の中の副作用表現と説明義務の範囲 P-58
    日本大学薬学部8号館
  • 専門薬剤師Up-to-Date
    Information 精神科
    「薬」にふりまわされないための知識
    月刊薬事11月号 2010 Vol52. No12.
  • 医療を考える 「電子化と調剤業務」への警告
    薬事新報 第2688号 p3 2011
  • 第21回日本医療薬学会年会 2011年10月1日(土)2日(日)
    在宅精神疾患患者様に対する精神科病院薬剤師の取り組みの必要性
    アウトリーチの一例から(口頭 日曜日15:12)
    神戸国際展示場、神戸国際会議場
  • 第19回日本精神科救急学会  2011年10月21日(金)22日(土)
    精神科救急病棟における薬剤師の疑義照会・経過観察の重要性
    (口頭 C-11-2)
    宮崎シーガイアコンベンションセンター

当院にご興味をお持ちいただける方がいらっしゃいましたら、随時見学等のご相談をお受けしたいと思っておりますので、気軽にお声掛けください。