心の病についてMENTAL DISEASE

アルコール依存症

アルコール依存・マークなし-心の病アルコール依存症は、とても怖い病気の1つです。誰でも、長い間、お酒の飲みすぎを続けているとアルコール依存症になります。いったんアルコール依存症になると、治癒することはありません。また、飲酒を続けていれば、アルコール依存症はどんどん進行していき、ついには死に至ります。死亡の原因としては、身体の病気、事故、自殺が主なものです。また、アルコール依存症が進むと、社会的な影響も出てくるようになります。例えば、飲酒運転、失業、離婚などで、多くの大切なものを失うことになってしまいます。
このように怖いアルコール依存症ですが、先ほども述べたように治癒することはありません。しかし「回復」することができる病気です。だからこそ、まずは医療機関等に相談することが大切です。進行する病気ですので早期発見、早期治療がより有効です。
ちなみにアルコール依存症の患者数は現在、日本国内で80万人以上といわれていますが、その予備軍も含めると約440万人にもなると推定されています。そのうち治療を受けているのは4~5万人程度と考えられています。

症状

アルコール依存症の症状は大きく3つに分けられます。すなわち、精神依存、身体依存、耐性です。

精神依存とは、アルコールに対する病的に強い欲求を持つ状態です。そのために、コントロールのきかない飲酒をしてしまいます。例えば、お酒を飲むべきでない時にも飲んでしまう、飲み始めると飲む前に思っていた量より多く飲んでしまうなどです。アルコールがいつも体内にある状態が続くと、生体がその状態に適応した態勢をとるようになります。その後、アルコールが抜けてきた時に生体機能のバランスが崩れてしまって出てくるさまざまな症状のことを離脱症状といいます。

身体依存とは、飲酒を止めたり、飲酒量を減らしたりした時に離脱症状が出現する状態です。離脱症状の例としては、手のふるえ、多量の発汗、高血圧、不眠、イライラ感、不安感、けいれん発作、幻覚などがあります。

耐性とは、いわゆる「お酒に強くなる」ことです。例えば、お酒を飲み始めた頃にはビール一杯で酔っていたが、最近ではその程度の飲酒量では全く酔わない、といった具合です。さらに、アルコール依存症は身体と心の様々な病気の原因となり得ます。肝炎や肝硬変、膵炎、生活習慣病、消化器系のがん、うつ病、不安障害、パニック障害などです。

診断

医療機関などで相談すると、その人が今までどのようにお酒と関わってきたか(飲酒歴)について詳しく話を聞かれると思います。本人からだけでなく、家族など、身近にいる人の話も重要な判断材料となります。それらの話を診断基準と照らし合わせてアルコール依存症という診断がなされます。

世界保健機関(WHO)の定めた診断基準は下記の6項目で、そのうち3つ以上あてはまるとアルコール依存症ということになります。

1アルコールに対する病的に強い欲求

2飲酒行動や飲酒量をコントロールできない

3離脱症状がある

4耐性がある

5お酒のことで頭がいっぱいになり、その他の楽しみについての関心が極端に減る

6飲酒が悪い結果を招くことがわかっているが、飲酒を続けてしまう

治療

アルコール依存症は回復できる病気と述べましたが、回復していくためには「断酒」を続けていくしかありません。断酒とは、お酒を断つということで、1滴もアルコールを口にしないということを意味します。この断酒の継続がアルコール依存症の治療ということになります。断酒をしていくためには、まず本人が断酒をしていこうと決意することが大切です。

その上で、断酒のための「3本柱」を使って断酒を継続していきます。3本柱とは、1本目は、アルコール依存症の専門外来に通院することです。2本目は、抗酒薬です(断酒継続のための内服薬。肝臓でのアルコールの分解を阻害する働きがあり、この薬の内服後に飲酒するとひどい二日酔いの状態となる。この効果を利用して断酒継続のひとつの支えとする)。3本目は、自助グループに通うことです(断酒会やAAなど。断酒の継続を目的とした、アルコール依存症患者様の市民団体)。これに加えて、一定期間入院をして、断酒教育プログラムを受けるという方法もあります。

本人自らが治療を求めないというのが、アルコール依存症の1つの特徴です。嫌がる本人を家族など周囲の人が説得して治療へとつなげていくケースも少なくありません。以前は、断酒を決意していない人が医療機関を受診しても、医師から「断酒をする気になったら来てください」と言われることが多かったようです。しかし最近では、断酒を決意するまでには至っていない人が受診した場合、先ずは外来通院だけでも続けて、飲酒に関する話を重ねていくといったパターンが多いようです。先ずは、気軽に専門機関に相談してみることが大切です。

家族について

アルコール依存症では家族も少しずつ巻き込まれていきます。本人に良かれと思ってやったことが、結果的に本人の飲酒を支えている、といったことがよくみられるのです。
例えば、飲酒が原因で起きたトラブルを、本人に代わって家族が後始末することで、本人は安心して飲酒を続けられるといった具合です。そのため、家族もアルコール依存症について理解することが大切です。それがアルコール依存症患者様本人の断酒継続と大いに関わってくるのです。地域にも病院にも、家族会やアルコールに関する家族向けの勉強会などがありますので、相談していくことができます。

精神科

アルコール専門外来では専門医4名が対応いたします。
外来診療では、ご本人・ご家族で抱え込まず経験者とともに回復していけるよう、グループワークなどで気持ちを理解し励ましあうことができます。
ご家族に対しても支えあいの経験を分かち合う家族会やアルコール依存症について学んでいただく講習会などを開催しております。

相談専用ダイヤル

042-666-3526

受付時間/8:30~16:30
まずはお電話でご相談ください。ご家族からのご相談もお受けしています。

よく一緒に読まれている記事

アルコールプログラム

外来担当医一覧

アルコール総合医療センター

アルコール総合医療センター長 メディア掲載のお知らせ

ニュース