心の病についてPSYCHOSIS

心の病について

ここには代表的なこころの病についての情報を掲載していますが、精神科疾患の原因、症状は様々です。こちらに記載されている内容で自己判断せずに、まずは些細なことでも結構ですので、一度ご相談ください。

統合失調症統合失調症は100人に1人の割合でかかる可能性のある、精神疾患の中ではポピュラーな病気です。統合失調症にみられる症状は多彩で、ひとりひとりが様々な症状を体験します。詳細を見る気分障害気分障害とは、気分の変動によって日常生活に支障をきたす病気の総称です。詳細を見るアルコール依存症アルコール依存症は、とても怖い病気の1つです。誰でも、長い間、お酒の飲みすぎを続けているとアルコール依存症になります。詳細を見る認知症認知症とは、いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったためにさまざまな障害が起こり、生活するうえで支障が出ている状態を指します。詳細を見る睡眠障害ベッドに身体を横たえても眠りに入れない。夜中途中で目を覚ます。朝早く目覚めてそのあと眠れない。だれでも何度かは経験します。では一晩か二晩眠れない夜があると「不眠症」なのでしょうか?答えはノーです。詳細を見る強迫性障害強迫症状は、ある程度は健康な人でも認められることがありますが、強迫性障害になると、その症状にひどく悩み、生活に支障がでてきてしまいます。詳細を見るパニック障害パニック発作を繰り返すことを特徴とする不安の病です。一生のうちに100人に2~3人がこの病気を経験するとされています。詳細を見る境界性パーソナリティ障害境界性パーソナリティ障害では感情が不安定で、不適切なまでに激しい怒りを抱き、相手や自分に対しての認知が極端に良かったり悪かったりと揺れ動きます。詳細を見るADHDADHD(注意欠陥・多動性障害)とは、不注意さや多動性、衝動性を特徴とする発達障害です。集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽい、じっとしていることが苦手、落ち着きがないなどの症状があります。詳細を見る不登校不登校とは学校に行けない状態であり、病気や疾患ではありません。子ども、家族、学校、社会のいろいろな問題が重なり合って生じる現象と言えます。「学校恐怖症」、「登校拒否」とも言われてきましたが、近年は「不登校」と呼ぶのが一般的です。詳細を見る